ナースdiary

こんにちは、本間病院看護部です。みなさん暑い夏ですが、いかがお過ごしでしょうか?7月23日(金)2020東京オリンピックが開催され、日本勢のメダルラッシュに毎日ドキドキしています。まだまだ暑い夏が続きますが、」みなさん水分と栄養をしっかり摂って夏を乗り切っていきましょう。※今回は、看護部職員が提供してくれた、トーチの写真です。

てんまの家「ル・ポットフー」お食事会

6月24日(木)に、フレンチの老舗「ル・ポットフー」のご協力を得て食事会が開催されました。

入居者様は、普段よりもおしゃれな装いと雰囲気の中でフランス料理を味わい楽しい時間を過ごされました。お食事はお一人おひとりに合わせた食形態で提供され、入居者様からは「ル・ポットフーの料理は久しぶり。少し食べたらとてもおいしくて食が進んだ。形も食べやすく調理してもらえて良かった」とのお声を頂きました。

てんまの家では、新型コロナウイルスの感染対策の為、家族との面会の制限や外出行事も控えており交流の機会が少なくなっています。今回、このような企画を開催することで、入居様も気持ちがほぐれ楽しいひと時を過ごしてもらえたのではないかと思われます。

(有料老人ホーム てんまの家 佐竹)

会計案内システムを導入しました

本間病院の会計窓口に自動音声案内システムを導入しました。

診察室への自動音声案内システムに次ぐ導入となりました。

今までは職員が口頭で呼び出しを行っておりましたが、自動音声のため聞き取りやすくなりました。また、呼び出しの際にトイレなどで離れていて気付かなかった場合でも、一覧に表示されているため会計準備が一目でわかります。

今後も患者様が利用しやすい環境の整備を図っていきます。

(本間病院 事務部)

第7回日本透析機能評価研究会のワークショップで発表

7月18日(日)8:30~16:30にWEB開催された第7回日本透析機能評価研究会のワークショップ「新たなる潮流」で“除水と透析による細胞間の水分移動モニタリングと透析低血圧対策”について発表しました。

ディスカッションで得るものの大きさを改めて実感するとともに、それぞれの医療者・研究者がチャレンジしている発表を拝聴して良い刺激をもらいました。

Dialysis functional management & assessment(透析機能評価)の研究を通して、どのように医療に貢献していくか。また、新たな「知」を作り出していけるか。継続して取り組んで行きたいと思います。

(臨床工学科 科長 五十嵐)

第3回i-KiKi seminar(通称アイキキ)開催

7月15日(木)14:00~14:30、本間病院第1会議室で第3回i-KiKi seminarを開催しました。

今回は非侵襲的陽圧換気療法をテーマにASVとNIPの日常管理のポイントとマスク装着のコツを実演しました。日頃から人工呼吸器を扱う看護師さん14名から参加していただきました。看護師の皆さまが抱える日頃の疑問を解決し、本セミナーがより安全な医療提供の一助になれば幸いです。

(臨床工学科 科長 五十嵐)

ナースdiary

 

こんにちは、本間病院看護部です。

この「ナースdiary」というタイトルは、看護部で募集し

卒後2年目の看護師が考えたタイトルです。

今日から、「ナースdiary」では、看護部に関連した内容を

ゆるぅ~く木曜日にUPしていきますので、みなさん覗いていただければ

嬉しいです。

 みなさん、毎日暑いですが、しっかりと水分を取って、食べで、寝て

夏バテしないようにしてください。

※写真は、タイトル考案者にささやかですがプレゼント渡しているところです。

透析廃液熱回収ヒートポンプシステムZQD-100N点検

2021年6月27日(日)透析センターに設置している透析廃液熱回収ヒートポンプシステムZQD-100Nを点検しました。

県内初となるこのヒートポンプシステムは、治療で使用した透析液の熱を再利用することで電力使用量を大幅に削減し二酸化炭素排出量の低減に貢献します。1年以上使用した経過から、さまざまなことが見えてきました。さらなるECO効果を得るには、熱交換に適したポンプ流量と原水温度に適した加温制御がポイントになるでしょう。より良い運用を目指して知恵をしぼっていきたいと思います。

(臨床工学科 科長 五十嵐)

働き方改善プロジェクト委員会スタート

みなさんこんにちは。医療法人 健友会では2021年6月より働き方改善プロジェクト委員会をスタートしました。毎週月曜日に委員会を開き、今後の取り組みについて議論しているところです。

厚生労働省は医療機関勤務環境改善のため「いきいき働く医療機関改善サポートweb」を開設しており、各種資料や病院の自己分析ツールなどを提供しており、こちらを活用しながら勤務環境改善マネジメントを進めていきます。

図表 「雇用の質」向上の好循環サイクル

まずは現状分析を行い、改善すべき点、取り組むべき課題を整理していきます。 以下の項目について調査中です。

今後活動報告をこまめにお知らせしていきます。
ホームページ以外のSNS利用も検討中です。
職員の皆さんにも直接活動報告や調査結果がお届けできるよう、利用できるtoolを検討中です。

委員会に参加したい!という職員の方は随時募集していますので外科・本間 理までお声かけください。

雇用の質を改善し、質の高い医療を提供することで地域医療により貢献できるよう取り組んでいきます。これからよろしくお願いします。

===

出典:厚生労働省「いきいき働く医療機関サポートWeb」
「医療分野の「雇用の質」向上のための勤務環境改善マネジメントシステム導入の手引き(改訂版)」の図表より抜粋。
http://iryou-kinmukankyou.mhlw.go.jp/pdf/outline/pdf/iryoubunya_tebiki_201803.pdf

新人ナース研修!!『注射研修』

 こんにちは!! 6月23日(水)、新人看護師6名を対象に注射研修を行いました。

 内容は、注射業務の全般、医療機器(シリンジポンプ・輸液ポンプ)の取り扱いについて知識・実技の習得に向け研修を行いました。医療機器使用時の点検・トラブル時の対応については、臨床工学技士より説明してもらい、不安解消にもつながりました。

いよいよ、7月より注射業務が始まります。学びを実践に活かしていけると思います。

ユニホームが新しくなりました

 こんにちは!! 今年度からユニホームがリニューアルされました。

 4月に入職した9名のフレッシュな新入職員にモデルになってもらいました。現在新入職員は、

プリセプターと現場のスタッフに見守られ元気に成長しています。

 新人看護師研修では、コロナ禍でも語れる場として『FT time』を設けています。昨日開催した『FT time』では、入職後の不安、悩みなどを共有し、みんなが同じ思いだとういう事を実感できました。

少しずつ成長を感じられる機会となりました。