医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

看護部 卒業Ⅰ年目研修「看護者の倫理について学ぶ」

2020年1月16日
12月10日(火)、卒後1年目の看護師4名で「看護者の倫理」について学びました。
看護部 卒業Ⅰ年目研修「看護者の倫理について学ぶ」
「倫」とは、仲間、間柄の意味があり、人と人の関係をあらわし「理」は、ことわり・すじ等の意味を持ち「倫理」とは「人間は人間らしい生き方」を成立させる道筋(道理)の事を言います。
看護部 卒業Ⅰ年目研修「看護者の倫理について学ぶ」

なぜ今倫理を学ぶかと言うと、医療の高度化複雑化、国民の医療に対する権利意識の高まりなどに伴い、看護専門職を取り巻く状況は大きく変化しており、多くの複雑かつ困難な倫理的問題に直面するようになったからです。研修では、事例に対して看護者倫理綱領と照らし合わせ、どの部分に倫理問題が該当するのかを話し合いました。難しく思われがちな倫理ですが、今回の学びを職場で活かしていってほしいです。お疲れ様でした。

(外来 田岡)