医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

将来の夢に向かって頑張って!

2019年10月18日
本間病院では「医療福祉の道を目指す高校3年生を応援しよう!」という目的で毎年模擬面接会を開催し、本番に向けたアドバイスをしています。
今回は推薦入試を受験する学生向けに10 月4 日(金)、8 日( 火)の2日間行い、合計23 名と多くの学生から参加していただきました。学校とは違う雰囲気の中で、初対面の面接官を前にみなさんとても緊張した様子でしたが、終了後には笑顔が見られました。
終了後のアンケートでは「面接官の方が適切なアドバイスをしてくれたので今後の参考になった。」「実際に本番と同じような雰囲気を味わうことができた」など参考になったとの声が多く聞かれました。
将来医療の道に進んで頑張りたいという想いを持った学生のみなさんが合格できるよう職員一同応援しています!笑顔を忘れずに頑張ってください。
将来の夢に向かって頑張って!

《 職場体験に来てくれました! 》

7月から10月にかけて、庄内地域の中学生・高校生の職場体験やインターンシップの受け入れを行い、中高合わせて8 校42 名のたくさんの学生の方が来てくれました!

看護部・介護部・診療技術部・事務部と、2日間にわたって医療福祉に携わるたくさんの職業の体験をしていただきました。
介護部での利用者さんとのふれあいでは、最初はとても緊張した様子でしたが、終わった後にはたくさん話すことができて楽しかったとみなさん笑顔で話してくれました。また看護部では病棟でストレッチャーに乗ったり、外来で内視鏡室や手術室の見学をしたりなど普段は見ることのない裏側をたくさん見てもらったり、診療技術部や事務部でそれぞれの仕事がどんなものかを実際に体験したりして興味津々な様子が見られました。
医療はチームとして協力しあい、たくさんの職種によって成り立っているということを知ることができたようです。まだ将来のことは漠然としていると思いますが、本間病院での体験をきっかけに一人でも多くの学生が医療福祉の道を志してくれることを願っています!

(看護学生委員会 菅原)