医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

電子カルテ・オーダリングシステム・看護支援システム研修

2019年5月31日
4月3日に、新入職員の看護・臨床工学技師の対象者6名に掲題の研修が行われました。
電子カルテ・オーダリングシステム・看護支援システム研修

電子カルテ・オーダリングシステムでは、電子カルテの仕組みや操作方法、情報の取り方や入力方法について学びました。
看護支援システムでは、仕組みや操作方法、情報の取り方のほかに、バイタルサインを測定後の機会にかざすことで、データがパソコンへ読み込まれる機器連携システムの説明・実施を行いました。
さまざまな機能があるため覚えることも多いですが、看護をする上で必要な情報の閲覧、文章作成など、日々の看護に無くてはならないものになっています。現場で再度復習し、実践に活かしていただきたいと思います。

(3階病棟 高橋)