医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

卒I看護研究発表会

2019年5月8日
3月15日(金)に、職員33名が参加し卒Ⅰ看護研究発表会を行いました。
卒I看護研究発表会

今年度入職した看護師3名が、日頃の業務での疑問点についての取り組みを発表しました。
内容は、「チェック表を使用した環境整備への取り組み」「ウェットシートなどを用いた患者様の手指衛生への取り組み」「ベッド柵の衛生環境の改善への取り組み」でした。皆さん共通して、『患者様のベッド環境』に着目した内容になりました。 今回の取り組みを病棟内で今後も継続し、患者様にとってより良い環境を提供できるようにしていきましょう。
卒Ⅰ看護師は初めての看護研究でしたが、指導者の指導のもとしっかりまとめられていました。発表者、指導者の皆さん研究お疲れ様でした。

(看護部 土門)