医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

卒Ⅰ研修 外来看護

2019年5月8日
3月19日(火)に、入職1年目の看護師3名を対象に外来看護研修が行われました。
卒Ⅰ研修 外来看護

外来には診療の他に手術室、内視鏡室、訪問診療などさまざまな部門があり、それぞれの特徴や役割について知ることができました。また実際に現場に訪問したことで、外来の雰囲気を感じることができたと思います。
外来看護は、限られた時間の中で、患者さんの状況や問題などをキャッチし、安心して治療を受けることができるよう、他職種との連携が必須となってきます。 今回研修に参加した看護師は現在全員病棟勤務ですが、病棟看護と外来看護の違いと連携の必要性を学ぶことができたかと思います。
退院後も継続した看護を提供できるように、学んだことを現場で活かしてもらいたいと思います。

(4階病棟 佐藤)