医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

看護部研修 「模擬体験」

2018年12月28日
12月4日に、1年目の看護師5名を対象に「模擬体験」の研修が行われました。
看護部研修 「模擬体験」

研修では、私たちが入院患者様に対して日々行っている援助を、受ける側となる模擬体験を行いました。吸入や吸引、オムツをはく、クーリングやスライディングボードでの移動を体験しました。
日々自分が行っている援助でも、実際に体験すると感じることがたくさんあります。吸入の風量など調節によって、咽こんでしまう事や水滴による不快を感じる事ができました。オムツを交換されることの羞恥心や痰をチューブで吸引されることの苦痛など、日々の自分の手技や相手に与えている苦痛を感じとることが出来ました。
この経験を生かして、対応や技術など看護力を磨き、苦痛を最小限にしたケアを提供できると良いと思います。

(5階病棟 高橋)