医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

ひだまりで避難訓練を行いました

2018年11月5日
9月14日に、ひだまり職員を対象に避難訓練を行いました。
ひだまりで避難訓練を行いました

はじめに、院内の火災マニュアルの説明を行って頂き、火災発生時に職員が行なわなければならないことや、避難するまでの流れ、注意点を確認しました。
その後、ひだまり4階で火災が発生したという想定で、実際に歩ける方や寝たきりの方など利用者様役の職員の避難を行ないました。
実際に避難を行ってみると、利用者様に落ち着いて頂くためにはどのような声掛けをしたらいいのか、寝たきりの方を避難する際に一度に多くの方を移動すると重くなってしまい逆に危険になってしまうことなど、実際にやってみてわかったことがたくさんありました。
訓練が終わってからは実際に消防署に電話を掛け、どのようなことを聞かれるのかを確認しました。又、水消火器を使用して、消火器の使い方の確認を行ないました。
火災が起きないことが1番大切ですが、万が一火災が起きた際に職員も慌てずに行動できるよう、定期的に避難訓練を行っていきたいと思います。

(ひだまり 竹内)