医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

第29回T6ENC参加報告

2018年9月12日
8月10・11日の2日間、天童ホテルに東北各地から看護学生が集まり、第29回T6ENC in 山形が開催されました。テーマは「story-自分らしく-」。総勢約100名が参加し、学習・交流を深めました。
第29回T6ENC参加報告

学習企画では「認知症」をテーマにあげ、認知症サポート養成講座を受講、認知症認定看護師による学習会が行なわれました。普段の実習ではなかなか見えてこない現場での様子に、学生達は驚きながらも真剣にグループワークに取り組み、認知症に対する知識を深めていました。
2日目は高齢者体験が行われました。見えにくいメガネ・手足の重り・軍手を着用して、与えられた様々な課題をグループに分かれ競いました。楽しみながらも患者さんの実際を体験でき、これからのケアに活かしていってほしいと感じました。
交流面では、実行委員企画による夕食交流会・県別交流会に参加して、学生・職員といった立場や他県間の違いを越えて楽しい交流ができました。また、健友会ではウェルカムボードを作成して山形の魅力を伝えました。立ち止まってじっくり見ている学生も多く、山形の美味しい物・いいところを他県連に伝えることができたと感じました。
2日間という短い日程でしたが、知識・交流共に枠を超えた関わりができたと思います。それぞれの地に戻っても、今日の事を思い出してこれからの学生生活に役立ててもらえたら嬉しいです。

(外来 佐藤)