医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

卒後1年目研修「注射Ⅱ 輸液ポンプ シリンジポンプ」

2018年9月6日
8月8日に、卒後1年目看護師5名を対象に『輸液ポンプ・シリンジポンプ』についての研修が行われました。
卒後1年目研修「注射Ⅱ 輸液ポンプ シリンジポンプ」

講義前半では、静脈注射方法の手順、6Rによる指差し呼称の重要性を再確認した後、注射準備~静脈注射穿刺、CVポートのデモを使用した穿刺体験を行いました。
また、薬剤投与において安全で確実な投与を行うための6Rに加えて、ダブルチェックの方法や三点認証、自分の目でしっかり確認する重要性についても学びました。
注射の穿刺の体験学習ではデモンストレーションが行われ、受講者は集中して食い入るように見つめ、その後真剣に実施に取り組んでいました。
後半の講義では、輸液ポンプ・シリンジポンプの基本的な知識・点検方法・アラームの対処方法について学び、その後実際にポンプに触って精密機械の操作方法を学びました。
今回の研修では、既に注射業務に携わり始めた受講者が、業務実践の中での学びを研修中に発揮する事も出来ました。研修中の要所要所で講師の経験を折り交えながら点滴施行時の注意点が説明され、受講者がメモを取る真剣な姿が見られました。
患者様の体内にダイレクトに投与される点滴・薬剤の取り扱いに当たっては、細心の注意を払って安全かつ正確な知識と手技のもと実施していく必要を学ぶことが出来た研修となりました。

(3階病棟 五十嵐)