医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

呼吸器について学ぼう!

2018年9月6日
8月7日に、卒Ⅰ看護師5名を対象に呼吸器使用時の看護を学びました。
呼吸器について学ぼう!

すでに現場で実践している看護内容ですが、機械面では、呼吸器の各種設定の意味・モニターが示す値の意味などを復習し、また新たな知識も得る事ができ、患者さんの状態と日頃の看護をリンクさせながら学習できました。
看護面においては、呼吸器管理は勿論の事、それに伴った苦痛緩和及び安全・安楽を保つための技術を、実践を通して学びました。
研修後半はより実践的に!呼吸器が動く時は緊急時です。その時対応できるように病室で呼吸器の設置、点検、作動時の管理を受講者全員で行ってもらいました。
基礎を学び、実践を学ぶことで、緊急時にかなり役立つと思います。今回の研修を振り返り実践に活かしてもらいたいです。

(外来 中村)