医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

看護実践とコスト管理

2018年9月6日
7月23日に、2年目研修として「看護実践とコスト管理」の研修が看護師8名を対象に行われました。
看護実践とコスト管理

研修では、医療材料を定数化することで注文が遅れる事が防げること、また期限管理も出来るようになった事を学びました。日ごろ仕事で使用している医療材料の値段を知り、コストを考える良い機会になりました。
また、実際に点滴を患者さんに行うとしたらどんな医療材料を使うか、コストはいくらかかるかグループワークをして考えました。
その後、費用対効果とはどんなものか、コストパフォーマンスを合わせて考えました。
安全な医療と感染予防は、医療提供者の基本となります。費用対効果を考えコスト面も考慮し、多方面からベストな選択を行っていきましょう。

(5階病棟 高橋)