医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

毎年好評!サマースクールを開催しました!!

2018年8月31日
8月2日・6日・14日の3日間、法人内で働く職員の小学生の子供を対象にサマースクールを開催し、延べ37名が参加しました。
毎年好評!サマースクールを開催しました!!

サマースクールは、「子育て中の職員が安心して働ける環境作り」と「子供たちを通して法人と職員間の関わりを増やす」が目的で毎年夏休み期間に行われています。
今年は看護学生委員会が主になって、医療従事者への憧れを少しでも持ってもらいたいとさまざまな企画をしました。白衣を着て働くお父さんお母さんの職場に訪問し一緒に記念撮影。グリッダーパグで手洗いチェック、手術室見学。そして小学生向けの認知症サポーター養成講座を包括支援センターなかまちの職員から行ってもらい学びを深めました。
お昼は調理を行い、手巻き寿司・流しそうめん・カレー作りを行い、何度もおかわりをしお腹いっぱい美味しく食べました。
連日の暑さと豪雨災害で例年より外出は控えめとなりましたが、消防署やあかりん館見学に出かけました。その他シアター上映、工作作り、おやつ作りなど元気いっぱいの子供たちから刺激を受けて、職員もパワーをたくさんもらい、働く活力になりました。

(看護部長室 齋藤)