医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

看護部研修 なぜなぜ分析(RCA)を学びました

2018年7月15日
7月2日に、卒後3年目教育の一環として、医療事故分析時に使うRCA分析について卒Ⅲ看護師4名、臨床工学技士2名が学びました。
看護部研修 なぜなぜ分析(RCA)を学びました

今回は、医療の質向上と合わせた医療安全について、また質管理の手法としてRCA分析の方法を学びました。RCAとは、『失敗から学ぶ為に、何が起こったのかをなぜ?なぜ?と徹底的に明らかにし、今後のために何ができるかという事を分析する』ことです。その方法を学び、受講者6名で例題のRCA分析を行いました。
分析ではいろんな意見・見解が出ていましたが、皆さんそれぞれの意見に耳を傾け、場面を想像しながら実際に悩み進めていました。しっかり状況を把握することの大切さや分析の難しさを体験しました。最後のほうでは、RCA分析のコツも教えてもらいました。
起こってはいけない事故ですが、このように全体で事例を分析・検討・対策立てて実施することが、医療の質向上に結び付くものだと思います。とてもためになる1時間の研修でした。

(外来 中村)