医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

看護研究発表会

2018年7月15日
5月29日(火)に、看護研究発表会が50名の参加で行われました。
看護研究発表会

今回看護研究で発表された5演題は、以下の通りです。
「口腔内の乾燥を改善する為の試み」~オリーブ油スプレーによる乾燥予防~(療養病棟)
「エムラクリームは治療中の穿刺部疼痛も軽減する」~痛みのない楽な透析を提供したい思いから~(透析室)
「申し送り廃止に向けての取り組み」~患者が見える記録を目指して~(4階病棟)
「ナースカンファレンスの定着と情報共有を目指して」~業務の見直しと意識調査を行って~(5階病棟)
「健康診断結果手渡しの取り組みは良かった?悪かった?」~アンケート調査からみえてきた評価と課題~(健康支援科)

いずれの部署も、現状の看護活動で満足することなく、業務改善をめざし、ひいては看護の質向上にも繋がる研究発表となりました。
また、研究発表を聴講した参加者も各部署の取り組み成果や課題、学びを共有する場となりました。
研究のまとめ・発表お疲れ様でした。

(3階病棟 五十嵐)