医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

看護部卒Ⅱ研修「ジャンボリーを語る会」

2018年7月15日
5月7日(月)に、「卒Ⅱジャンボリーを語る会」の研修を受講生9名で行いました。
看護部卒Ⅱ研修「ジャンボリーを語る会」

研修講師は、看護部ジャンボリー(JB)委員の卒Ⅲスタッフです。まずJBについての紹介がありました。「一人ぼっちの青年をなくそう!!」と生まれたのがJBです。JB活動は、『院内→県連→地協→全国』と進むにつれ規模が大きくなります。JBを通じて『「本音を語る」ことから思いを大切にする』ことによって、『一人一人の命を大切にできる』ことに繋がっていることを学びました。
全国JBを広めていくためには、院内JBの充実が必要です。その為に私たちがどんな活動をするか、できることは何かをグループワークで考えてみました。委員会に参加し意見を出せるようにする事、JB活動に積極的に参加し自分自身が楽しむ事、周囲への声掛け、先輩も巻き込み大勢の参加を呼び掛ける、等の意見が出されそれぞれが自分の今年度の行動計画を立てることができたと思います。
院内JBの活動を皆で盛り上げていきましょう!

(看護部 高橋)