医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

ふれあい看護体験が行われました

2018年5月25日
5月8日、9日の2日間、看護協会主催の「ふれあい看護体験」が本間病院で行われ8名の学生さんが参加しました。
ふれあい看護体験が行われました

はじめに看護師の仕事についてDVDとスライドを見て学習し、その後病棟で患者さんの足を洗うお手伝いや食事介助の見学、車イス体験などを行いました。

午後は通所リハビリテーションにて、利用者さんと一緒にゲームをして楽しみながら仕事のやりがいを体験したようでした。 参加した学生からは、「患者さんにありがとうと言われ心が温かくなった」「今回の体験で看護師になりたいと思う気持ちが大きくなった」「患者さんの気持ちを尊重し、一つ一つ気持ちを込めて行うことが大切だと思った」との感想がきかれました。

本間病院では春休みと夏休みに高校生一日看護師体験を行っています。模擬注射体験、施設見学など看護の仕事や医療の現場をじっくり見学することができますのでぜひまた参加してください。

(総務課 根本)