医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

フィジカルアセスメント研修 呼吸系

2017年12月14日
9月26日(火)に行われた【フィジカルアセスメント研修】午後の部では、呼吸器についてのフィジカルアセスメントについて学びました。
フィジカルアセスメント研修 呼吸系

1日通しての研修ということもあり、最初にリフレッシュ企画として「セルフ足つぼマッサージ」をたっぷり30分かけて行いました。香り豊かなオイルを塗り自分で足をマッサージし心身ともにリラックスでき、日々の疲れも一緒に吹き飛ばしました。
呼吸器のフィジカルアセスメント研修では、肺の解剖生理に始まり基礎知識の振り返り、呼吸運動の仕組み、正常・異常の呼吸音、得られた情報から考えられる病気などについて学びました。また受講者同士で胸の呼吸音、背中からの聴診を行い、互いの視診・聴診・触診・打診・問診の確認も行いました。事例を使って呼吸系の振り返りを行い、久々に机に向かい学習し大変だったようです。
看護師となって数年経過し、初めてフィジカルアセスメントを聞いた人もいました。今回の研修を通して、看護師は患者さんがその人がより良く生きていくことを援助するための看護問題を判断することが必要になります。そのために意図的にアセスメントする力を高める手段が、フィジカルアセスメントです。今後の看護実践で活かしていってもらいたいと思いました。
1日研修、大変お疲れ様でした。

(4階病棟 飯塚)