医療・介護・福祉・中心市街地の活性化を担って

理念、基本方針、患者・利用者の方々の権利について

ひとりひとりの患者さんを、病気だけでなく「生活や労働および療養の条件」まで、まるごと捉えた対応に心がけています。そのために、各専門職種がチームとしての機能を発揮するように努めています。また、患者さんや地域住民の主体的参加を得るために、患者会や友の会と共同した取り組みを行っています。
理念、基本方針、患者・利用者の方々の権利について
理念
わたしたちは患者、利用者、地域の人々の立場にたった、無差別・平等の医療・福祉・介護の実践をめざします。
基本方針
1.無差別・平等の医療・福祉の実現をめざします。
1.地域から信頼される安全で良質な医療・福祉・介護サービスの提供をめざします。
1.保健予防活動を充実させ、地域・職場での健康づくりを進めます。
1.求められる新しい医療・福祉・介護事業を、非営利・協同の力で進めます。
1.「本間病院友の会」と協同した事業運営を進めます。
1.病気や障害をもつ人々、困難を抱えた人々の苦しみや希望をともに感じられる職員集団をめざします。
患者、利用者の方々の権利
1.個々人の尊厳が尊重される権利
1.安心・安全で質の高い医療・福祉・介護を受けることのできる権利
1.無差別で平等に医療・福祉・介護を受けることのできる権利
1.知る権利
1.自己決定の権利
1.プライバシーが保護される権利